戸建て住まい購入目前〜改めて工法を学んでみますか?〜

  • HOME
  • >>
  • 戸建てかマンションか

戸建てかマンションか

家庭を持ち、ある年齢に達すると、持ち家を所有したいと思う人が多いかと思います。
家を買う場合、戸建てにするかマンションにするか、悩みどころです。
そこで、それぞれの利点欠点を見てみましょう。
戸建ての良いところは、何と言ってもその広さにあると思います。
最近は都心の真ん中に狭小住宅を建てる方もありますが、設計に工夫して生活空間を充分に確保しているようです。
建造技術も進み、丈夫な3階建て住宅も造られています。
ファミリータイプの住宅で、3,000万円〜5,000万円の予算で比べれば、やはり戸建ての方が広いスペースを確保できるようです。
次に、補修費用の問題です。
マンションでは管理費・修繕積立金それに加えて駐車場代と月に3万円以上の出費が必要となります。
もちろん、戸建ての場合も修理・補修費用は考えておかねばなりません。
ただ、どの程度の補修にするか、住み手の裁量に任されている部分が大きく、お金を掛けることも、あまり掛けずに行うこともできます。
資産価値については、マンションに分があるようですが、土地の価格に自信が持てる場合、塩害など建物に負荷の掛かる土地ならば戸建ての方が高く売れます。
また、マンションでは、地震などで自宅部分に破損がなくても、建物の一部が倒壊したら、修繕費を負担しなければなりません。
戸建てには庭があります。
手入れが大変そうですが、手の掛からない植物を中心に、地面にはカバープラントを植えれば、そう手は掛からないようです。
庭があり、植栽を施すことで季節を感じることができます。
日本人は四季を感じて暮らすことが好きです。
庭があることで開放感も得られます。
ペットを飼いたい方も周りに気兼ねなく飼うことができます。
騒音問題もマンションに比べたら少ないでしょう。
では、マンションの利点を見てみましょう。
一見狭いと思われますが、収納や動線がしっかり考えられていて、ファミリーが暮らすには不自由ありません。
フラットフロアで掃除が楽です。
管理やメンテナンスも自己責任というわけではないので、費用は少々高くつきますが、煩わされることはありません。
セキュリティ、地震、火事などにも強そうです。
つまり、楽に暮らせるというのが、一番の利点というわけです。
資産価値では、戸建てだと、地面の上の建物には価値が付かないので勝負は土地の価格となります。
その点、マンションでは資産価値があまり目減りすることがありません。
売却を考えるなら、断然マンションを選ぶべきです。
他に、車椅子の人には便利かもしれません。
部屋の気密性も高く、冬の寒さや夏の暑さが緩和されます。
ゴミ捨ても楽です。
総括すれば、手をかける楽しみを味わいたかったら戸建てに、家に関して時間や気持ちを割くことを否とする場合はマンションをということになります。